顔の骨格を知る

顔の大きさと骨格の関係

顔の骨格の形による問題

顔の形というものは、美しさにおいて大きな要素になります。顔が大きいと、それだけでスタイルが悪く見えてしまいます。顔の骨格に問題があって顔が大きく見えてしまうこともあり、対処方法もさまざまあります。

顔が大きく見えるわけ

小顔というものは、美しさのひとつのポイントです。逆にいえば顔が大きいとそれだけで、全体のバランスが悪く見えて、見栄えが悪くなってしまうこともあります。顔が大きく見える原因というものは、さまざまありますが、大きく分けるとふたつに分けることができます。ひとつは顔についた余分な肉のせいで顔が大きく見えることです。顔がむくんでいる場合や顔の筋肉が凝り固まっている場合、肥満、顔の筋肉のゆがみなどがこれにあたります。これらは、リンパマッサージやダイエットなどによってむくみや肥満は解消できるので、ある程度自分自身の努力によって解消することができる容易な原因とも言えます。もうひとつが顔の骨格的に問題があるパターンです。

骨格が原因で顔が大きく見えるとは

顔が大きく見えてしまう原因のひとつには、顔の骨格的な問題があります。どのような骨格が顔が大きく見えるかというと、おもにエラや頬骨が原因であることがほとんどです。顔の骨格のエラの部分が外に張っていたり、頬骨が大きく出ている場合は、顔が大きく見えるようになります。もともとの骨格が、そのような形である場合顔を小さく見せることは難しく、美容整形や医師に相談して骨を削る必要もあります。しかし、生活習慣の悪さによって骨格が歪んでしまったゆえに顔が大きく見える場合は改善の余地があります。顔の骨格が歪んでしまう生活習慣とは、猫背で過ごしていることや足を組む癖、頬杖をついてしまう癖などの、姿勢の悪さがおもにあります。

顔の大きさを小さくするには

顔の大きさが、骨格が原因で起きている人のうち、もともとの骨格がエラや頬骨が張っている場合は、自分だけで対処することは難しいので美容整形などに行く必要があります。しかし、生活習慣の悪さなどの骨格のゆがみからエラや頬骨が張って見えるようになっている場合は改善することができます。効果があるとされている方法のひとつに、「骨気」があります。骨気とは、韓国発祥の美容健康方法で顔や頭の骨格を本来あるべき位置に動かす矯正法です。自分でできるものに、あごの下を手のひらでマッサージするほか、頬からこめかみまで掌でなでるようにマッサージ、目の周りを手のひらでもみほぐすマッサージなどがあります。骨気を専門に行う専門店に行くとより効果的な施術を受けることができます。